【初心者向け】リーディング力を底上げする精読の極意とおすすめ教材

リーディング

TOEICのリーディングが全くできない

リスニングは上がったけどリーディングの上げ方がわからない

どうしても返り読みしてしまい読むのに時間がかかる

このようにリーディングがどうしても伸びずに困っている方も多いでしょう。

特にTOEICや大学入試を控えている方にとって、英語の長文の点数を上げることは避けては通れないでしょう。

そこで今回精読について解説させていただきます。

Ryu
Ryu

これは英検4級落ちるほど英語が苦手だった僕が、センター試験で9割以上、

現在ではTOEIC860点取ることができるまでになった、基礎を作った勉強法です。

どんなに英語が苦手な方でも、単語、文法、精読という順序を踏めば、大学受験も突破できますし、TOEICなどの資格に活かすこともできます

記事では、精読のメリット、具体的なやり方、おすすめ参考書について解説しています。

精読のメリット

精読とは何かというと、英文をじっくりと分析しながら読んでいく行為です。

つまり、英文を構造を分解しながら、文の要素を明確にして理解していくことです。

多読が構造を考えすぎずに、英文を大量に読んでいく行為なのに対し、精読は英文の構造を分析しながらじっくり読んでいく行為です。

英語の成績を上げるためには、精読→多読 という順序が大切です。

では精読のメリットは何かというと、

・文の構造が瞬時に理解できるようになる

・文法の知識が完璧になる

・返り読みしなくなる

などです。

順番に解説します。

・文の構造が瞬時に理解できるようになる

精読では英文を要素(すなわち主語、動詞、目的語、補語など)に分解していきます。

英文を理解できない大きな原因として、日本語と構造が違うため慣れていないことがあります。

構造を細かく分解することを繰り返すと、英文を見て瞬時にその文の構造が理解できるようになります。

そうすると読む速度も飛躍的に上がりますし、普通の日本分と同じように読めるようになり、理解力も格段に上がります。

また英文が瞬時に理解できるようになるとリスニングにおいても良い影響を及ぼします。

・文法の知識が完璧になる

精読は文法の知識の定着にとても有効です。

英語学習では、インプットとアウトプットの比率が8対2であることが重要で、この割合で勉強していくと、効率よく英語力をあげていけると言われています。

文法の勉強を行った後に、精読によって、実際の文章を分解し、使われている文法を理解していくことで、文法知識を完璧にすることができます。

そのため文法知識についても解説されている、精読の教材を選ぶのがオススメです。

後で紹介する教材では、英語の代表的な英語の構文ついて精読を行っていきます。

つまり、代表的な文法を復習しつつ、精読を行っていきます。

単語→文法→精読→多読という順に、勉強を行っていくのが、最も効率いいです。

これは単語が文法の勉強で復習され、文法が精読の勉強で復習され、精読を多読によって復習するというように、超効率的に全部をマスターできるからです。

文法の知識について実際の文を分解する作業、すなわち精読をおこなっていくことで、より完璧にすることができるのです。

・返り読みしなくなる

大学受験でも、TOEICなどでも、リーディングスピードを上げること、すなわち早く解けるようになることは必須です。

英文を読むのが遅い原因の一つとして返り読みをしてしまうことがあります。

返り読みというのは、後ろから前に戻るように日本語に訳してしまうことです。

つまり、英文を一度最後まで見てから、後ろから戻るように日本語に訳していくことです。

これをしていると、英文を読むのに非常に時間がかかり、問題を最後まで解き終えることができない事態が発生します。

精読を行うと、英文を構造で理解することに慣れ、自然と前から読めるようになるので、返り読みがなくなり、リーディングスピードが飛躍的にアップします。

また英文を高速で処理することができるようになるため、リスニング力アップにもつながります。

精読を始める前に

精読を始める前に理解しておくべきポイントとして、「英文の要素」と「五文型」があります。

英文の要素とは、主語、動詞などの英文の成分のことです。

5文型は英文のタイプのことです。

英文というのは「英文の要素」を「英文の型」に当てはめることで構成される構造物のようなものです。

①英文の要素

精読では英文を構成する要素に分解していきます。

基本的には5文型(英文のタイプ)にそって分解していきますが、その際重要となるのが英文の要素です。

英文の要素には主語、動詞、目的語、補語、修飾語があります。

S(主語)

〜 I(私)、 You(あなた)など

これは日本語の主語と同じですね。

動作を行う主体のことを「S」という記号で表します。

V(動詞)

 〜 study(勉強する) 、eat(食べる) など

主語が行う動作のことです。

Vには「be動詞」も含まれます。


I am Ryu. (私はRyuです。)

S V C

主語 動詞 補語


O(目的語)

〜 English(英語) 、 apple (りんご) など

動作の対象のことを目的語といい「O」で表します。

英語を勉強するなら、英語が動作の対象ですね。


I study English.


りんごを食べるならりんごが動作の対象です。


I eat apple.


C(補語)

名詞を補足して説明する語のことを補語と言います。

「あの女性は美しい」という文では「美しい」というのが、主語のことを説明してますよね。


That woman is beautiful.


また「私の名前は田中です」 という文では「田中」というのが、私の名前を詳しく説明していますよね。


My name is Tanaka.


これらのような要素を補語といい「C」で表します。

M(修飾語)

修飾語というのは、時間や場所などを表す語です。

例えば


私は 昨日 英語を 勉強した

I studied English yesterday.


この文では 「昨日」が修飾語となって文を修飾しています。

この要素はなくても文が成立するため、5文型の要素を表す際には省略されます。

②5文型

では英文の要素についてわかったところで、英文の型である5文型について解説します。

「英文の要素」をこれらの型に当てはめて英文はできています。

第1文型  SV (主語+動詞)

主語の後に自動詞がくる形のタイプです。

自動詞というのは、後ろに目的語がこない動詞のことです。

歩く、走る、寝る、たつ、などは後ろに目的語を取りませんよね。

対して、他動詞というのは後ろに目的語がくる動詞のことです。

食べる、買う、勉強するなどは、後ろに動作の対象となる目的語がきますよね。

第1文型の文は次のようなものです。


I run. (私は走る)

I sleep. (私は寝る)


目的語を取らずに完結する自動詞を用いたタイプの英文です。

第2文型 SVC (主語+動詞+補語)

第2文型というのはS=Cとなる形の文型です。

補語というのは先ほど説明したように、主語を捕捉的に説明する語のことです。

「beautiful(美しい)」などの形容詞や、「名前」などの名詞がきたりします。

第2文型で重要なのは、主語=補語の関係となることです。


I am Tanaka . (私は田中です)

S V C


この文では私(S)=田中(C)という関係になっていることがわかるでしょう。

そのため第2文型の動詞(V)は、主語と補語をイコールにする効果を持つものがきます。

主語と補語をイコールにする効果を持つ動詞には次の二つがあります。


・be動詞  (am , are, is)

・become,  seem などの一般動詞


be動詞が主語と補語をイコールにする効果があるのはわかりやすいかもしれません。

「become」は(なる)、「seem」は(ように見える)という意味で次のように使います。


He  became   English teacher   (becameはbecomeの過去形)

彼は  なった    英語の先生に


この文では、彼(S)= 英語の先生(C)となっているのがわかるでしょう。


She   seems  sick .

(seems は seemの三単現現在形)

彼女は  ようだ  病気の


この文では彼女(S)=病気(C)となっていることがわかると思います。

このように主語(S)=補語(C)となるタイプの英文を第2文型といいます。

第3文型 SVO (主語+動詞+目的語)

第3文型は一番馴染みの深いタイプかもしれません。

動詞の後に目的語がくるタイプの文型です。


I study English. (私は英語を勉強する)

S V O

I eat an apple. (私はりんごを食べる)

S V O


第3文型では目的語をとる動詞、すなわち他動詞が用いられます。

ここで注意が必要なポイントとして、次のような文は第1文型となります。


I  go   to  school .

S V M


一見SVCのようですが、前置詞を用いているため、SV+(M)すなわち第1文型となっています。

前置詞というのは、in ,to , with のような後ろに名詞を置くことで、場所や、時間などの修飾節となる語のことです。

withには「一緒」という意味がありますが、「with コロナ」などで「コロナと一緒の生活」という意味で使われていますね。

in the park(公園で)、in Summer (夏に)のように、修飾語(M)として使われます。

第4文型 SVOO (主語+動詞+目的語+目的語)

目的語が2つあるタイプの文型です。

これは物や情報が人に移動する際に使われます。

例えば、「ギブアンドテイク」で知られる、giveという動詞は与えるという意味ですが

私があなたにお金を与えるという英文は


   give    you   money

S V OO

私は  与える  あなたに  お金を


と表されます。

すなわちお金が私からあなたに移動しています。

このような動詞は、移動する先の人(O)と、移動するもの(O)として目的語が2つ存在します。

これを第4文型と言います。

他には見せる(show)や、買う(buy)などがあります。

第5文型 SVOC (主語+動詞+目的語+補語)

最後に第5文型というタイプがあります。

これは目的語(O)=補語(C)となっている文型です。

例えば、


I call him Tanaka.

(私は彼を田中と呼ぶ)

S V O C


この文では、彼(O)=田中(C)となっています。

また次のような文も第5文型です。


 made   you  angry.  

(私はあなたを怒らせる。)

私は  にする   あなたを  怒った状態に

S V O C


この文も、you(O)=angry(C)となっています。

Ryu
Ryu

5文型は英文法の基本となる重要な物です!

しっかりおさえましょう!

3. 具体的なやり方

では具体的に精読のやり方について解説していきます。

英文の下に線を引き、主語、動詞、目的語、補語、修飾語句と書き込みます。

これらの要素はそれぞれS(主語)、V(動詞)、O(目的語)、C(補語)、M(修飾語句)と記号で表されるので、記号で分解するのがおすすめです。


I study English when I am at home.

I study English when I am at home.

S V O M


こういうイメージですね。

実際は鉛筆で下に線を引いて、Sとか書く感じです。

5文型に沿って分解していきますが、英文によっては綺麗に分解できないものや、自力では理解できない構造の英文もあります。

そこで精読用の教材を用いて、精読を行っていくのがオススメです。

4. おすすめ教材

僕のおすすめは「入門英文解釈の技術70」という参考書と、「基礎英文解釈の技術100」という参考書です。

入門編を行った後、基礎の方に移ります。

この参考書は入試に頻出するような英語の構文を使った程よい長さの英文(1ページ分ほど)を、それぞれ、70個と100個も精読することができます。

文法知識を固めつつ精読により、英語力の底上げができます。

ただ量が多いのでかなり時間がかかります。

また入門だけでも十分力がつくので、時間がない方は入門の方だけするのもおすすめです。

5. 精読におけるポイント

①わからない単語をなくす

精読を行う際はわからない単語を全て無くすつもりで行っていきましょう。

多読の際は辞書を引かずに行うことをオススメしていますが、精読は文の品詞、意味、用法などにも気を配って行うことで、より効果が高くなります。

また精読を行いながら語彙力もアップできるのでオススメです。

②わからない文法をなくす

文法があいまいなまま精読を行っても効果は薄いです。

わからない文法が出てきたらその都度確認して、定着させていきましょう。

③5文型を意識する

精読を行う大きな目的として、英語の語順に慣れ、語順通りに理解できるようになることがあります。

英語は当然ですが、日本語と異なる語順です。

英語を読むのが苦手な方は、この語順の違いに慣れていないことが多いです。

そこで、精読を行う際は、英文構造の基本である5文型をしっかり意識しながら行っていきましょう。

精読が完璧となったら多読に移っていく

精読を繰り返し完璧となったら多読に移っていきます。

多読というのは、英文を大量に読む行為です。                         

具体的には洋書や英語のニュースなどを読むことが多いです。

多読を行うと、「読解速度が上がる」「返り読みをしなくなる」「リスニング力がアップする」などのメリットがあります。

多読は英語力を上げる上で非常に効果的ですが、基礎力がない状態で行うとほぼ確実に挫折します。

そこで精読をマスターしてから行うのがオススメです。

精読をマスターしていれば、英文を瞬時に理解できるようになり、文法的にも理解できないところがない状態なので、多読をスムーズに行えます。

多読に関しては次の記事を参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました