【中学英語】there is をTOEIC860の現役家庭教師がわかりやすく解説

中学英文法
RyuBlog
この記事を書いた人

慶応義塾大学理工学部

大学院入試のためにTOEICの勉強を
始め2ヶ月で860点を獲得

英語が苦手な人向けにTOEICに
関するブログを運営中

ブログ村pvランキング2位(TOEIC)
kindle本新着ランキング7位(英語)

趣味:バスケ テニス 筋トレ

ryublogをフォローする
Ryu
Ryu

現在中学生の家庭教師をしているRyuです!

このシリーズでは英語学習初心者の方に向けて中学英語をわかりやすく解説しています。

中学英語があいまいな方、中学生の方、高校生の英語が苦手な方など、多くの方の役にたつ記事となると幸いです。

今回はthere is について解説したいと思います。

There is(are)

There の文では、物があるや、人がいるなど、物や人の存在を表すことができます。


①There is a book on the desk.

机の上に本がある。

②There are children in the house.

家に子供たちがいる。


作り方は非常に簡単でthere is の後ろにものや人を置くだけです。

There is(are)の後ろにものや人を置くことで、それらの存在を表すことができます。

Ryu
Ryu

この時使うbe動詞は、存在を表す名詞が単数ならis、複数ならareを用います。

上の①は単数なのでis

②は複数なので、areを用いています。

重要なポイントは次の二つです。


① There is(are)の後ろに存在を表したいものや人を置く

②このとき使うbe動詞は、ものが単数ならis複数ならare


また存在を表す際には、場所を表す前置詞について知っておくことが重要です。

前置詞

前置詞とは名詞の前におくことで、名詞に対して意味を付加できる語のことです。

そのため場所を表す際によく使われます。

主な前置詞は次のようなものです。


on(上)

There is the book on the desk.

(その本は机の上にある。)

under(下)

There is the dog under my bed.

(その犬は私のベッドの下にいる。)

in(中)

There are three apples in the box.

(3つのリンゴがその箱の中にある。)

・by(そば)

There is my bag by the chair.

(机のそばにカバンがある。)


否定文・疑問文

There の文はbe動詞を用いているので、否定文は、be動詞の後にnotをつけるだけ、疑問文はthere とbe動詞をひっくり返すだけです。


疑問文

Is there a cup on the table?

机の上にコップがありますか。

Yes, there is.

No, there is not.


否定文

There is not a cup on the table.

机の上にはコップがありません。

今日の宿題

答え

タイトルとURLをコピーしました