【現役家庭教師の慶應生が教える】3日で英文法攻略シリーズ|(中2編) 3日目 比較、受動態

中学英文法
Ryu
Ryu

現在中学生の家庭教師をしているRyuです!

このシリーズでは英語学習初心者の方が、中2の英文法を3日で攻略することを目的としています。

中学英語があいまいな方、中学生の方、高校生の英語が苦手な方など、多くの方の役にたつ記事となると幸いです。

今回は比較、受動態について説明していきます。

比較

比較の文には、2つのものや人を比較する文と、3つ以上のものや人を比較する文があります。

2つのものや人を比較する文では、「AがBより大きい」のような、片方が程度が大きいことを表す比較級と、「AとBは同じくらい大きい」という、2つが同程度であることを表す原級があります。


A>B (比較級)

A=B (原級)


3つ以上のものを比較する場合は、「Aがクラスで最も背が高い」のような、最も程度が大きいものを表す最上級を用います。

原級

2つのものが同程度(=)であることを表すときには、( as 〜 as )を用います。

〜の部分に形容詞を入れて、be動詞の後におくことで2つのものが同程度だと表せます。


I am as tall as you.

私はあなたと同じくらい背が高い。


ここではtall(背が高い)という形容詞をas asで挟んでいます。

このas as がイコールのイメージです。


I am as tall as you.

I = you


比較級

比較級は2つのものや人を比較します。

比較級で用いるルールとして次のようになります。


①形容詞や副詞を比較級の形(語尾にerをつける、または前にmoreを先頭につける)に変化させる。

②形容詞の後ろにthan(〜よりも)を置く


A>Bのイメージとすると


A is taller than B.

(AはBよりも背が高い。)


のようになります。

tallは比較級のかたちに変化しています。

erがついていますね。

さてここで比較級の変化の仕方について説明します。


短い単語(2音節以下)はerをつける

①子音+yで終わる形容詞はyをiに変えてerをつける

easy→easier

happy→happier

②一つの母音+子音で終わる単語は子音を重ねてerをつける

big→bigger

長い単語(3音節以上)はmoreをつける

difficult → more difficult

beautiful → more beautiful


ここで音節というのは、ほぼ母音の数と同じ意味です。

ほとんどの単語はこのルールに従いますが、slowlyやquicklyは音節が2つでもmoreを用いるので気をつけましょう。

最上級

最上級は3つ以上のものを比較する場合に用います。

3つ以上のものの中でどれが一番程度が大きいかを表します。

最上級の作り方は次のようになります。


①形容詞や副詞を最上級の形(語尾にestをつける、または前にmostを先頭につける)に変化させる。

②形容詞の前にtheをつける。


I am the tallest in my class.

(私はクラスで一番背が高い。)

This question is the most difficult in this exam.

(この問題がこのテストで一番難しい。)


3つ以上のものの中で最上であることを示すため、当然ですが最後に、なんの中で最上なのかを表さねばなりません。(in my calss や in this examなど)

estをつけるかmostをつけるかのルールは比較級のときと同じです。

受動態

主語が動作をされる状態を受動態といいます。

たとえば「私はケーキをつくる」という文があるとします。

I make cake.

この文でケーキを主語にすると、「ケーキが私に作られる」という文を作ることができます。

これはbe動詞と、動詞の過去分詞を用いて次のように表します。


Cake is made by me.


このmadeというのが過去分子です。

日本語の動詞と違い、英語の動詞はいろいろな形に変化します。

過去分詞はその中の一つのパターンです。

過去形と同じものもありますが、過去分詞特有の変化をするものもあるので、覚える必要があります。

この時のbe動詞は主語によって変化させます。


主語/be動詞

・I (私)/am

・you(あなた)/are

・それ以外の単数(he〜彼,she〜彼女,it〜それ)/is

・それ以外の複数(they〜彼等, we〜私たち)/are


また過去形の場合はbe動詞を過去形にします。


amとis→was

are→were


否定文と疑問文はbe動詞の文と同じで、次のようになります。


Cake is not made by me.

Is cake made by you?


また受動態では動作を行う人をbyの後ろに置くことで表します。

この動作を行う人というのは能動態の主語にあたるものです。

Ryu
Ryu

これで中2の英文法は終わりです!

タイトルとURLをコピーしました