【現役家庭教師の慶應生が教える】3日で英文法攻略シリーズ|(中1編) 1日目 〜5文型と動詞

中学英文法
Ryu
Ryu

現在中学生の家庭教師をしているRyuです!

このシリーズでは英語学習初心者の方が、中1の英文法を3日で攻略することを目的としています。

中学英語があいまいな方、中学生の方、高校生の英語が苦手な方など、多くの方の役にたつ記事となると幸いです。

英文法の根幹 5文型について

まず中学英語の学習を始める前に、英文法において非常に重要な、5文型について解説したいと思います。

みなさんは5文型について聞いたことがあるでしょうか?

これから文法を学んでいくにあたって、5文型を意識しているかどうかで、勉強効率に大きな差が出てきます。

5文型というのは簡単にいうと、英語の語順を表す5つの形のことです。

日本語と英語では述語や目的語の順番が異なりますよね。


私は 英語を   勉強する

I    study   English.


簡単な例で言うと上のようなものがあります。

5文型というのはこの順番のタイプ5つを表したものです。

英語が苦手になる原因の一つとして、このように日本語と違った語順であるため、理解しにくい点があります。

しかし、5文型を意識しながら勉強をしていけば、パズルのように英語の構造を理解できるようになり、英語力が飛躍的に上がっていきます。

では具体的に5つのタイプについて解説していきましょう。

5文型の要素について

5文型では英語の要素を記号を使って表します。


S(主語) 

〜 I(私)、 You(あなた)など

これは日本語の主語と同じですね。動作を行う主体のことを「S」という記号で表します。

V(動詞)

 〜 study(勉強する) 、eat(食べる) など

主語が行う動作のことです。

O(目的語)

〜 English(英語) 、 apple (りんご) など

動作の対象のことを目的語といい「O」で表します。

英語を勉強するなら、英語が動作の対象ですね。

りんごを食べるならりんごが動作の対象です。

C(補語)

名詞を補足して説明する語のことを補語と言います。

「あの人は美しい」という文では美しいというのが、守護のことを説明してますよね。

また「私の名前は田中です」 という文では田中というのが、私の名前を詳しく説明していますよね。

これらのような要素を補語といい「C」で表します。

M(修飾語)

修飾語というのは、時間や場所などを表す語です。

例えば


私は 昨日 英語を 勉強した

I studied English yesterday.


この文では昨日が修飾語となって文を修飾しています。

この要素はなくても文が成立するため、5文型の要素を表す際には省略されます。

Ryu
Ryu

ここまでで5文型を表すための文の要素について知っていただけたと思います

では5つの文型のタイプを紹介していきましょう。

第1文型  SV (主語+動詞)

主語の後に自動詞がくる形のタイプです。

自動詞というのは、後ろに目的語がこない動詞のことです。

歩く、走る、寝る、たつ、などは後ろに目的語を取りませんよね。

対して、他動詞というのは後ろに目的語がくる動詞のことです。

食べる、買う、勉強するなどは、後ろに動作の対象となる目的語がきますよね。

第1文型の文は次のようなものです。


I run. (私は走る)

I sleep. (私は寝る)


第2文型 SVC (主語+動詞+補語)

第2文型というのはS=Vとなる形の文型です。

補語というのは先ほど説明したように、主語を捕捉的に説明する語のことです。

beautiful(美しい)などの形容詞や、名前などの名詞がきたりします。

第2文型で重要なのは、主語=補語の関係となることです。


I am Tanaka . (私は田中です)

S V C


この文では私(S)=田中(C)という関係になっていることがわかるでしょう。

そのため第2文型の動詞(V)は、主語と補語をイコールにする効果を持つものがきます。

主語と補語をイコールにする効果を持つ動詞には次の二つがあります。


・be動詞  (am , are, is)

・become,  seem などの一般動詞


be動詞が主語と補語をイコールにする効果があるのはわかりやすいかもしれません。

becomeは(なる)、seemは(ように見える)という意味で次のように使います。


He  became   English teacher.    (becameはbecomeの過去形)

彼は  なった    英語の先生に


この文では、彼(S)= 英語の先生(C)となっているのがわかるでしょう。


She   seems  sick .

(seems は seemの三単現現在形)

彼女は  ようだ  病気の


この文では彼女(S)=病気(C)となっていることがわかると思います。

このように主語(S)=補語(C)となるタイプの英文を第2文型といいます。

第3文型 SVO (主語+動詞+目的語)

第3文型は一番馴染みの深いタイプかもしれません。

動詞の後に目的語がくるタイプの文型です。


I study English. (私は英語を勉強する)

S V O

I eat an apple. (私はりんごを食べる)

S V O


第3文型では目的語をとる動詞、すなわち他動詞が用いられます。

ここで注意が必要なポイントとして、次のような文は第1文型となります。


I  go   to  school .

S V M


一見SVCのようですが、前置詞を用いているため、SV(M)すなわち第1文型となっています。

前置詞というのは、in ,to , with のような後ろに名詞を置くことで、場所や、時間などの修飾節となる語のことです。

withには「一緒」という意味がありますが、「with コロナ」などで「コロナと一緒の生活」という意味で使われていますね。

in the park(公園で)、in Summer (夏に)のように、修飾語(M)として使われます。

第4文型 SVOO (主語+動詞+目的語+目的語)

目的語が2つあるタイプの文型です。

これは物や情報が人に移動する際に使われます。

例えば、「ギブアンドテイク」で知られる、giveという動詞は与えるという意味ですが

私があなたにお金を与えるという英文は


I    give    you   money

S V OO

私は  与える  あなたに  お金を


と表されます。

すなわちお金が私からあなたに移動しています。

このような動詞は、移動する先の人(O)と、移動するもの(O)として目的語が2つ存在します。

これを第4文型と言います。

他には見せる(show)や、買う(buy)などがあります。

第5文型 SVOC (主語+動詞+目的語+補語)

最後に第5文型というタイプがあります。

これは目的語(O)=補語(C)となっている文型です。

例えば、


I call him Tanaka.

(私は彼を田中と呼ぶ)

S V O C


この文では、彼(O)=田中(C)となっています。

また次のような文も第5文型です。


I  made   you  angry.  

(私はあなたを怒らせる。)

私は  にする   あなたを  怒った状態に

S V O C


この文も、you(O)=angry(C)となっています。

Ryu
Ryu

5文型は英文法の基本となる重要な物です!

しっかりおさえましょう!

動詞について

次は動詞についてみていきましょう。

動詞は第5文型のVにあたる要素のことです。

動詞にはbe動詞と一般動詞の2つがあります。

be動詞とは

be動詞とは,

am are is などのことです。


I am Japanese.    

(私は日本人です。)

You are English teacher.

(あなたは英語の先生です。)

she is beautiful.

(彼女は美しい)

I am in the park.    

(私は公園にいる)


ここでbe動詞を訳すとすると、「です。」「いる」というようになります。

しかし訳にとらわれず、イメージ的に理解するのがオススメです。

be動詞のイメーは前と後ろをイコールでくっつけるイメージです。


①では、私(I)=日本人(Japanese)

②では、あなた(you)=英語の先生(English teacher

③では、彼女(she)=美しい(beautiful)

④では、私(I)=公園の中(in the park) すなわち、公園にいるという意味になります。


Ryu
Ryu

このようにbe動詞は前と後ろをイコールでくっつけるイメージで覚えましょう!

be動詞の使い分け

be動詞において注意が必要なポイントは、am,are,isの使い分けです。

be動詞は主語によって使うべき物が変化します。

まずamはIにしか用いられません。

またyouにもare が使われます。

そしてそのほかのものは、単数ならis、複数ならareが用いられます。

単数というのは主語が一人、複数は、「私たち」や「彼ら」など主語が複数のものです。

まとめると次のようになります。


主語/be動詞

・I ()/am

・you(あなた)/are

・それ以外の単数(he〜彼,she〜彼女,it〜それ)/is

・それ以外の複数(they〜彼等, we〜私たち)/are


これは非常に重要な関係なので覚えましょう。

一般動詞

一般動詞はいわゆる普通の動詞です。

study (勉強する)、食べる(eat)、買う(buy)など、be動詞以外の動詞を一般動詞と言います。

一般動詞には先ほどお話ししたように、後ろに目的語がくる他動詞と、目的語のこない自動詞があります。

他動詞は食べる(eat)、持つ(have)、買う(buy)など後ろに動作の対象となる目的語がきます。

自動詞は寝る(sleep)、歩く(walk)などそれだけで完結する動詞のことです。

またこれらに加えて、能動態と受動態という分類もあります。

能動態

能動態とは普通の文で用いられる動詞のことです。

主語が動作を行う時に用いられます。

下のように私(主語)が作るという動作を行う状態ですね。

I make cake . (私はケーキを作る)

受動態

主語が動作を行う以外に何があるのか?と感じるでしょう。

主語が動作をされる状態を受動態といいます。

先ほどの文で、ケーキを主語にすると、「ケーキが私に作られる」という文を作ることができます。

これはbe動詞と、動詞の過去分詞を用いて次のように表します。


Cake is made by me.


日本語の動詞と違い、英語の動詞はいろいろな形に変化します。

過去分詞はその中の一つのパターンです。

また受動態では動作を行う人をbyの後ろに置くことで表します。

まとめ

・S(主語)V(動詞)O(目的語)C(補語)を用いて、英語の語順のタイプを表したものを5文型という。

・動詞にはbe動詞と一般動詞がある。

・一般動詞には、主語が動作を行う能動態と、主語が動作をされる受動態がある。

・受動態はbe動詞+過去分詞によって表される。

タイトルとURLをコピーしました