【TOEICに効果的なオンライン英会話】DMMとレアジョブを比較

TOEIC
RyuBlog
この記事を書いた人

慶応義塾大学理工学部

大学院入試のためにTOEICの勉強を
始め2ヶ月で860点を獲得

英語が苦手な人向けにTOEICに
関するブログを運営中

ブログ村pvランキング2位(TOEIC)
kindle本新着ランキング7位(英語)

趣味:バスケ テニス 筋トレ

ryublogをフォローする

オンライン英会話はTOEICに効果的なの?

いろいろあってどのオンライン英会話がいいのかわからない

このような方も多いのではないでしょうか?

オンライン英会話は決して安くないので初めて見たいけど、躊躇っている方も多いでしょう。

今回は実際に3ヶ月ほど使った経験から、オンライン英会話のメリットと、初心者にオススメの2つのオンライン英会話について解説します。

スポンサーリンク

オンライン英会話のメリット

オンライン英会話を始める前にどのようなメリットがあるか気になりますよね。

オンライン英会話には次のようなメリットがあります。

①リスニング力が上がる

②アウトプットになる

③モチベーションが上がる

①リスニング力が上がる

オンライン英会話をすることでリスニング力がアップします。

これは相手の英語を聞くことによる、リスニング力アップだけでなく、話すことによるリスニング力アップの効果もあります。

有名な言葉で「発音できないものは聞き取れない」というものがあります。

自分で発音できないような音が、流れてきても聞き取れないということですね。

発音できない音が聞き取れないのは当然と感じるでしょう。

しかしこれに加えて「間違って発音している」音も実は聞き取れないのです。

なぜかというと、自分が想像している音が間違っているため、想像と違う音がリスニングで流れることになります。

多分こんな音が流れてくるはず

想像と違う音が来たぞ

そうするとリスニングが聞き取れないのは当然ですよね。

この「自分が思っている音」と「正しい音」の間のギャップを、実際話すことにより明らかにすることが重要です。

このようなギャップをなくしていくことで非常に効率的にリスニング力を伸ばしていくことができます。

②アウトプットになる

オンライン英会話は多くの人が不足しがちなアウトプットの量を増やすために効果的です。

アウトプットの重要性を考える上で重要な「アウトプット仮説」というものを紹介します。

アウトプット仮説

アウトプット仮説とは

メリル・スウェイン氏が唱えた説で


①アウトプットの際に伝えたいことと、伝えられることの差に気づく。

②英語を聞く時や、英語を読むときには曖昧にしていた、「足りない能力」がアウトプットの際には嫌でも明らかになる

③そしてその足りない部分を補うように学習することでよりインプットを効率的にできる


というような感じの考え方です。

この考え方は先ほど話した「自分が思っている音」と「正しい音」の間のギャップを明らかにするという話にもつながります。

また自分の不足している能力に気づくことができます。


・発音がわからない

・語彙が少ない

・前置詞の使い方が曖昧だ

・文法が曖昧だ

etc


TOEICの勉強をしていると、意外と点数ばかりを気にしてしまい、なんの能力が足りていないのかをしっかりと考える時間が少なくなってしまいます。

またインプットだけではなかなか、「足りない能力」に気づくことが難しいです。

そこでオンライン英会話が有効です。

オンライン英会話では、できるだけ間違いを指摘してくれる先生を選ぶのがポイントです。

③モチベーションが上がる

TOEICを勉強していると、スコアを追い求めすぎて、なんのために勉強してるかわからなくなる時ないですか?

スコアが順調に伸びているときは楽しいのですが、スコアが伸び悩んでしまった時に、「なんのために勉強しているんだろう」という状態になる時があります。

なんのために勉強してるんだ、

こうなってしまう原因は、TOEICの点数だけを求めて勉強してしまうためだと考えられます。

もちろん就活や、院試、転職などのために点数を追い求めることは重要でしょう。

しかし英語学習の目的はやはり「話せるようになる」ことだと思います。

オンライン英会話を始めると、自分がどんどん話せるようになっていくのを実感することができます。

そうすると、「TOEICの点数は上がってきたけど実際は擦る気がしない」という状態を防げます。

「英語話せる俺かっこいい!もっと勉強しよ。」状態になれます笑笑

点数は上がってきたけど話せる気はしない

なんのためにやっているんだろう

英語話せる俺かっこいい!

もっと勉強しよ!

アウトプットにもなりモチベーションも上がり、実用的な英語能力がつくとメリットが多いのでオススメです。

オススメの英会話2つ

メリットについて述べてきましたが、決して安くないオンライン英会話、始めるのに迷う方もいますよね。

僕が調べた結果、初心者にオススメだと感じたオンライン英会話2つと、実際3ヶ月ほど使ってみた感想を書きたいと思います。

レアジョブ英会話

レアジョブ英会話は僕が初めて使った英会話です。

初心者の方にはオススメです!

・良い点

オンライン英会話の中では毎日1レッスン(25分)で1ヶ月6380円と非常に安く初心者にオススメです。

明るい先生も多く、初心者でも楽しく英会話を続けることができます。

・やや悪い点

講師はほとんどフィリピンの方ですので、色々な国と話したいというかたは他のオンライン英会話があっているかもしれません。

またネイティブに発音を教えて欲しいという方にも向いてない気がします。

レッスンの時間が朝6時から深夜1時までなので早朝に受けたい方などは困るかもしれません。

・感想

初めてオンライン英会話をする方にはオススメです。

授業の時間も選びやすく、講師の先生も優しく、楽しく続けられます。

実際続けるにつれ、確かに英語力が伸びているのを感じました。

ただ発音に関してしっかりと注意してくれる方が少ないような印象があります。

またやはりフィリピンの方独特の訛りを感じるような印象もありました。

DMM英会話

・良い点

・こちらも毎日1レッスン(25分)で1ヶ月6480円と非常に安いです。

・色々な国籍の講師の方がいるので、色々な国の人と話したいという方にはオススメです。

・教材が豊富で、TOEICなどの教材もあります。僕のオススメはdaily news という教材で、色々なニュースを英語で読みそれについてディスカッションすることができます。会話の内容が思いつかない方にもオススメで、世界の情勢も同時に学べる非常に良い教材です。

・24時間のうちでいつでも、レッスンが受けられるので好きな時間に受けられます。(受け放題ってことではないです。)

・やや悪い点

ネイティブと日本人の先生を選ぶためにはプラスワンチケットというものを買って課金しなければいけません。

・人気の講師は予約を取れないことがある

・感想

発音などに関して詳しく指摘してくれる先生が多い印象でした。

また教材が非常に良いのと豊富なのも好印象でした。

あとはサイトが見やすく綺麗なのと、レッスン時間が増えるごとにブロンズ、シルバーなどランクが上がっていくのもゲーム性があって面白かったです。

オススメはDMM英会話

僕のおすすめはDMM英会話です。

正直レアジョブもDMM英会話も非常に安く、どちらを選ぶかは好みの問題だと思います。

僕の場合は色々な国籍の方と話したかったのと、教材の豊富さと使いやすさ、サイトの見やすさなどの点でDMM英会話がいい感じがしました。

TOEICにDMM英会話を生かしたい方

じゃあ具体的にどうやってTOEICのスコアアップにDMM英会話を生かせばいいの?

TOEICのスコアアップにDMM英会話を生かす方法を知りたい方も多いと思います。

これについてはDMM英会話を200回も受けTOEIC835のHiroさんのブログを紹介させていただきます。

Hiroさんのブログの、DMM英会話ラボ(https://www.onlineeikaiwalabo.com/)では、DMM英会話の使い方やメリットがたくさん解説されているので、ぜひ参考にしてみてください!

4ヶ月で635→835点|DMM英会話はTOEICに効果バツグン | DMM英会話ラボ
「DMM英会話ってTOEICにも効果あるのかな」、「DMM英会話を使ってTOEICもあげたいけど良い方法はないのかな」と疑問に思っていませんか。DMM英会話を4ヶ月続けてTOEIC200点アップした経験から、そのような疑問を解決します。DMM英会話を始めるか悩んでいる人は必見です。

オンライン英会話の効果を最大化するコツ

オンライン英会話は漠然と受けてしまうとあまり効果を得ることができません。

そこで効果を最大化するには次の2つが重要です。

①予習

②ギャップを見つけ改善

①予習

オンライン英会話では予習が非常に重要です。

例えばDMM英会話でdaily news を教材として用いる場合、記事を読んでおき、話すことを考えておく、またディスカッションに使うような表現を調べておくことが重要です。

レアジョブに関してもオリジナル教材を予習しておくことが重要です。

話すことを考えてないと、ほとんど話せず、受け身な会話となってしまうことが多いです。

オンライン英会話では能動的に話すことが非常に重要なので、予習は必ず行うようにしましょう。

②ギャップを見つけ改善

先ほど話したように、自分ができることと、できないことのギャップに気づくことが、オンライン英会話などのアウトプットの場では重要です。

発音がわからないのか、語彙が足りないのか、足りない部分がわかったら、それを改善する方向に持っていきます。

一回、一回のレッスンごとに改善をし、また改善点を見つけるというサイクルを繰り返していけば、非常に効率的に英語力を伸ばしていくことができます。

タイトルとURLをコピーしました