【TOEICリーディングスコア爆上げ】 英語多読にオススメkindle unlimitedの使い方

SNSフォローボタン
ryublogをフォローする
TOEIC
スポンサーリンク
RyuBlog
この記事を書いた人

慶応義塾大学理工学部

TOEIC915

英語が苦手な人向けにTOEICに
関するブログを運営中

ブログ村pvランキング2位(TOEIC)
kindle本新着ランキング7位(英語)

趣味:バスケ テニス 筋トレ

ryublogをフォローする

TOEICリーディングパートがなかなか上がらない!

リーディング力上げるのにオススメの方法ってないの?

リーディングパートがなかなか伸びずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

リーティングが伸び悩んでいる方には多読がかなりオススメです。

僕も多読に重点を置いた勉強法に変えたことで、英語が苦手な状態から、現在ではTOEIC915点ほどまで英語力を向上できました。

スポンサーリンク

多読のメリット

多読というのは、英文を大量に読む行為です。                         

具体的には洋書や英語のニュースなどを読むことが多いです。

では多読をするとどのようなことが起こるのか。

①読解速度が上がる

読解速度というのは読む量に比例して上がっていきます。つまり読めば読むほど早くなっていきます。

これは日本語でも本を多く読む人ほど、普段読まない人よりも早く読めそうなのと一緒ですね。

次のグラフは英語圏の学生が、年齢が上がるほど読解速度が上がっていく様子を示しています。

大学生まで行くと毎分450語の速さまで上がっています。


  • Third-grade students = 150 words per minute (wpm) (小学3年生)
  • Eight grade students = 250  (中学2年生)
  • Average college student = 450 (大学生)
  • Average “high level exec” = 575
  • Average college professor = 675
  • Speed readers = 1,500
  • World speed reading champion = 4,700

(参照 https://www.forbes.com/


TOEICには毎分150語程度の読書スピードが必要と言われています。

多読を行うことで、根本的な英語の読解速度を上がればリーディングで時間がなくなるという状況は無くなります。

②返り読みをしなくなる

返り読みというのは、英語を日本後の語順で理解しようとするために、後ろから前に戻るように読んでしまうことです。

つまり、


I study English at home every day.


という英文を、最後の単語から、

毎日、家で、英語を、勉強します、私は、

というように、一度英語を最後まで見てから、戻るように訳してしまう癖のことです。

これは英語と日本語の語順が違うために、してしまう人も多いでしょう。

特に英語学習初心者の方には多いです。

しかし、これをするとどうしても読む速さが遅くなってしまいます。

そこで英文を語順通りに理解することが重要です

多読を行うと英文を語順通りに理解できるようになるため、返り読みがなくなり読解スピードが上がります。

③ リスニング力がアップする

意外かもしれませんが多読を行うと、リスニング力もアップします。

リスニングとリーディングは一見別のもののようです。

しかし次のようにどちらも英語を高速で処理することが必要になります。


【リスニング】音を聞く→情報を処理する→意味を高速で理解する

【リーディング】文章を見る→情報を処理する→意味を高速で理解する


多読効果的なのは知ってるけど、洋書って高くない?

こう感じる人もいますよね。

確かに要所は海外から輸入しているため、関税と送料がかかるので、かなり高くなってしまいます。

そこでオススメがkindle unlimitedを使うことです。

これは、kindle unlimitedに登録させようとかいう意図ではなく、純粋に英語力を上げる上でかなりオススメなので、記事で解説します。

実際僕も5.6年kindle unlimitedを使い続けています。

kindle unlimitedのメリット

kindle unlimitedのメリットとしては以下のようなものが挙げられます。

・単語を長押しするだけで調べられる

・持ち運びしやすい軽い

・170万冊の洋書が読み放題

・月額990円(1冊読めば黒字)

単語を長押しするだけで調べられる

多読を始めたばかりの人は、わからない単語が多いと挫折してしまう確率が高くなります。

紙の洋書ですと、わからない単語をいちいち調べなくてはいけないため、一冊読み切るのがかなり大変です。

kindle unlimitedは電子書籍であるため、スマホやタブレットの画面でわからない単語を長押しするだけで、意味を調べることができます。

正直この手軽さは多読を続ける上でかなり大きいです。

語彙力にそこまで自信がない方にはオススメです。

持ち運びしやすい軽い

電子書籍は持ち運びしやすいのもオススメの理由です。

僕は英語の勉強は通学、通勤や、こまめな隙間時間でやるのが効果的と考えています。

しかし分厚い洋書などは持ち運ぶのがまず面倒ですし、電車の中でも読みづらいです。

たいし電子書籍はとても軽く、スマホでも読むことができるため、とても手軽です。

加えてダウンロードしておけば、何十冊でも好きな本を、好きな時間に読むことができます。

170万冊の洋書が読み放題

kindle unlimitedって実際あんまり本ないんじゃないの?と不安に思う方もいるでしょう。

確かに全ての欲しい本が登録されているわけではありませんが、170万冊以上の洋書を読むことができ、僕としてはかなり満足度が高いです。

またハリーポッターなども全部読めるので、それだけでも登録する価値ありという印象です。

月額990円(1冊読めば黒字)

月額990円というのは、本当に破格の値段だと思います。

日本語の本も読み放題ですし、洋書だと本来2000、3000円するところを、990円で読み放題なので、1ヶ月に本を一冊以上読む方には非常にオススメです。

また本を読む習慣をつけるという意味でも、登録しているし、どうせなら読もうという意識が働くので、効果的だと感じます。

オススメのkindle本

僕が読んで面白かった本も紹介しておくので、ぜひ参考にしてください。

Harry Potter

シリーズを全部読めば、多読で効果的と言われる100万語を達成できます!

またなんと言っても読んでいて面白い!

映画見てる人やハリーポッター好きは楽しく英語学習できるのでオススメです。

Rich Dad Poor Dad

この本は、お金に関する話を教えてくれます。

「家は資産ではなく負債である」というような驚きの考え方も出てきます。

単純に本として面白く、単語もそれほど難しくないので読みやすいです。

Dr Jekyll and Mr Hyde 

ジキル博士とハイド氏は、ミステリー小説です。

単語はやや難しいですが、分量は少なくとても面白い話なので、オススメです。

Seven Habits of Highly Effective People

7つの習慣は、世界4000万部、国内240万部を売り上げているベストセラー本です。

人生をより良くするために、重要な7つの習慣についての本で、単語もわかりやすいのでオススメです。

まとめ

kindle unlimitedを多読に用いるメリットについて解説させていただきました。

興味を持った方はぜひ使ってみてください。

kindle unlimited

タイトルとURLをコピーしました