【中学英語】否定文・疑問文・命令文についてTOEIC860の現役家庭教師がわかりやすく解説

中学英文法
RyuBlog
この記事を書いた人

慶応義塾大学理工学部

TOEIC915

外資金融企業内定

英語が苦手な人向けにTOEICに
関するブログを運営中

ブログ村pvランキング2位(TOEIC)
kindle本新着ランキング7位(英語)

趣味:バスケ テニス 筋トレ

ryublogをフォローする
Ryu
Ryu

現在中学生の家庭教師をしているRyuです!

このシリーズでは英語学習初心者の方に向けて中学英語をわかりやすく解説しています。

中学英語があいまいな方、中学生の方、高校生の英語が苦手な方など、多くの方の役にたつ記事となると幸いです。

今回は英文の4つの形についてわかりやすく解説します。

スポンサーリンク

平斜文(普通の文)

平斜文というのはいわゆる疑問でも否定でも命令でもない普通の文です。


① I make cake.

(私はケーキを作る)

② You are Tanaka.

(あなたは田中です)


みたいな5文型の語順通りの普通の文のことです。

疑問文

では疑問文と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?

疑問文とは相手に物事をたずねる文ですね。

つまり、先ほどの①があなたはケーキを作りますか?  

②があなたは田中ですか?となるイメージです。

疑問文にするときは、be動詞と一般動詞の場合で異なります。

be動詞の疑問文

S(主語)とV(be動詞)をひっくり返すだけです。

あとは最後にはてなをつけるのを忘れないように。


You are Tanaka.

(あなたは田中です)

Are you Tanaka?

(あなたは田中ですか)


答え方は次のようになります。


Yes, I am.

(はい、そうです)

No, I am not.

(いいえ、違います)


ここで主語がI(私)に変わっているのが注意が必要です。

「あなたは田中ですか?」と聞かれているため、答え方は当然、「私はそうです」「私は違います」となりますよね。

一般動詞の疑問文

一般動詞の場合は注意が必要で、先頭にDoをつけることで疑問文になります。


You play baseball.

(あなたは野球をする)

Do you play baseball?

(あなたは野球をしますか)


答え方は次のようになります。


Yes, I do.

(はい、そうです)

No, I do not.

(いいえ、違います)


先ほどのbe動詞の部分がdoに変わっていますね。

疑問詞の疑問文

疑問詞というのは、文の先頭に置くことで、


「誰が」who

「いつ」when

「どこで」where

「何を」what

「なぜ」why

「どのように」how 


などの5W1Hを聞くことができます。

加えて、


「どっちが」which

「誰の」whose


などの疑問詞もあるので覚えておきましょう。

使い方は次のようになります。

① when(いつ)、where(どこで)、what(何を)、why(なぜ)、how(どのように)

疑問文にし、先頭に疑問詞をくっつけるだけです。

例えば


あなたは何を勉強しますか?

What do you study ?


これは「あなたは勉強しますか?」という疑問文の先頭に疑問詞の「what」をくっつけることで、何を勉強するのか聞いています。


どこで勉強するのか?なら「where」を

いつ勉強するのか?なら「when」を用います。


答え方としては、具体的に聞かれていることを答える英文になります。

先ほどの何を勉強するか聞かれている場合、

I study English.(私は英語を勉強する。)

のように答えます。

how(手段や方法)

howの使い方は、どのように学校に行くかなど手段を聞くのに使います。


How do you go to school?

あなたはどのように学校にいきますか?


のような疑問文ですね。

このときの答えたかたは、手段にbyをつけることで答えます。

車で行くなら「by car」、自転車で行くなら「by bicycle」のように使います。


I go to school by car.

私は車で学校に行きます。

I go to school by bicycle.

私は自転車で学校に行きます。


②who(誰)、what(何)

whoとwhatは英文の中で、主語(S)として働きます。

そのため、主語をwhoとwhatに置き換えることで疑問文にできます。

つまり、


I play baseball.

私は野球をする。

この文を「誰が野球をしますか?」という文に変える場合


Who play baseball.

誰が野球をしますか。


というふうに主語(S)の部分を疑問詞に置き換えるだけでいいです。

これはなんですか? やこれは誰ですか?

の場合は


What is this?

Who is this?


でOKです。

③その他特殊な疑問文

そのほかに


年齢

How old are you?

あなたは何歳ですか?


個数をたずねるとき

How many books do you have?

あなたはいくつ本を持っていますか

これは個数をたずねたいもの(上の英文では本)の複数形をHow many の後にくっつけた形の疑問文です。

複数形にするのを忘れないことが重要です。


誰の持ち物かたずねる時

誰の持ち物か訪ねるときはwhose(誰の)を用います。


Whose books do you have?

あなたは誰の本を持っていますか

whose + (誰のものか聞きたい名詞)  という形です。

否定文

次に否定文について説明します。

否定文とは動作を否定するタイプの文のことです。

勉強しないや、納豆が好きではない、みたいな文ですね。

これもbe動詞と一般動詞によって書き方が異なります。

be動詞の否定文

be動詞の否定文では、be動詞の後にnotをつけることで作れます。


I am Japanese.

(私は日本人です)

I am not Japanese.

(私は日本人ではありません)


一般動詞の否定文

これには先ほど一般動詞の疑問文で使ったdoにnotをつけた、do not を用います。


I study English.

(私は英語を勉強します)

I do not study English.

(私は英語を勉強しません)


Ryu
Ryu

構造的にはbe動詞も一般動詞も、not か do not つけるだけです。

省略形

・do not =don’t

・are not=aren’t

・is not=isn’t


これらは使いやすい方を使ってください。

問題によっては語数に合わせて使い分けることが必要になります。

命令文

命令文とは相手に命令する形の文です。

①一般動詞の命令文

勉強しろ!といいたい時は

I study English.

の主語を抜いて、

Study English!

とすれば勉強しろ!という意味になります。

②一般動詞の否定の命令文

逆に勉強しないで! という場合は主語を抜いた後、don’tをつけて

Don’t study English!

となります。

③be動詞の命令文

be動詞の文は注意が必要で、be動詞の原型を用いて、

Be quiet! (静かにしろ!)

と表します。

これは

I am quiet. (私は静かです)

の主語を抜いて、be動詞を原型に戻したイメージです。

④be動詞の否定の命令文

be動詞の命令文の否定型は、先ほどのbe動詞の、命令文の先頭にdon’tを置くことで表せます。


Don’t be noisy! (うるさくしないで!)

のようになります。

丁寧な表現

命令文の先頭にpleaseやLet’s をつけることで丁寧な命令文を作ることができます。

①please(してください)

命令分の文頭や文尾にpleaseをつけると、してください、という丁寧な表現になります。


Open the door, please.

(ドアを開けてください)

Please be quiet.

(静かにしてください)

②Let’s(しよう)

命令文の先頭にLet’s をつけると(〜しよう)という提案を表せます。

Let’s dance. (踊りましょう)

Ryu
Ryu

「レッツゴー」みたいなイメージですね。

今日の宿題

・答え

まとめ

・今回は文の4つの形を勉強しました。

・ルールをきちんと覚えて自分で文を作ってみて練習しましょう。

答え

大学院入試や留学、はたまた会社の昇進のために、短期間でTOEICの点数を上げなければいけないという方には、レアジョブやdmm英会話よりも資格勉強に特化したオンライン英会話がオススメです。

そこで紹介させて頂くのが、「KIRIHARA Online Academy」です。

KIRIHARA Online Academyは、Nextageなどでも有名な桐原書店と、日本人講師のオンライン英会話「ワールドトーク」が共同開発した資格対策特化のオンライン英会話です。

2ヶ月という短期集中型のプログラムがあるため、短期間で目標点数まで伸ばすことが可能です。

引用元:KIRIHARA Online Academy

メリット

・教材が無料

・リーディング速度アップ

・オンラインレッスンによるサポート

教材費が無料

プログラムの費用が33000円と聞くと一見高いようですが、教材が無償で提供されるため、実際はかなりお得です。

TOEICは教材が非常に高く模試だけでも1冊3000円以上します。僕は模試を8冊買いましたが、模試だけで30000円ほど、その他の単語帳や、文法書など合わせると有に50000円ほどは言っていると思います。

桐原書店という大手の教材を無料で使用できるというのはかなりのメリットです。

リーディング速度アップ

KIRIHARA Online Academyは、早川幸治氏が考案したスパイラル学習法というものを採用しています。

「英語力=知識」+「情報処理能力=スキル」+「対策力=テスト対策」、という3つ能力をしっかり伸ばすことで、テスト対策とともに英語力もしっかり上げていきます。

僕が面白いと感じたのは、情報処理能力の部分です。

TOEICを受けたことがある方はわかると思うのですが、TOEICというのは非常に、問題数が多く情報処理の速さを求められる試験です。

90%以上の方が全ての問題を解き終わることができずに、塗り絵で終わってしまいます。

初心者には対策しづらい、情報処理の部分をプロのTOEIC講師に対策して頂ける点は、非常にメリットだと思います。

引用元:KIRIHARA Online Academy

オンラインレッスンによるサポート

TOEIC始めたての方は、何から始めればいいか分からず不安でしょう。

KIRIHARA Online Academyでは、8回のオンラインレッスンによって、試験日まで講師がマンツーマンでサポートしてくれます。

そのため成績が伸び悩んだり、やる気が停滞しがちな時にも、相談に乗ってもらえるため、目標点数に到達する確率が飛躍的にアップします。

33000円というと少し高いと感じる方もいるでしょうが、短期間で確実に成果を出さなければいけない方、自分1人で頑張るのは難しいと感じる方は、自身への投資と考えてぜひ検討してみてください。

また体験は無料で、しかもTOEICに関するコツなども聞けるので、迷って居る方はTOEICのコツだけ聞くのもありかもです。

中学英文法未分類
スポンサーリンク
ryublogをフォローする
RyuBlog
タイトルとURLをコピーしました