【2ヶ月でTOEIC860点】達成した大学生が教えるスコアを劇的にアップするおすすめの復習方法

TOEIC

TOEICは公式問題集をすればいいと聞くけど、どうやって復習すればいいのかわからない!

復習には何時間くらいかけるべきなんだろ?

そもそも何時間くらい復習すればいいのか?

こんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

特にTOEICの勉強を始めたばかりの方や、なかなかスコアが上がらず悩んでいる方は、どうやって復習すればいいのか分からず困りますよね。

公式問題集を解くことは大切です。

しかし公式問題集は解くだけでは無意味なんです! 

確かに2時間も模試をといた後に、なかなか復習までやる気が出ない気持ちはわかります。

でも目的はスコアを上げることですよね? 

せっかく頑張って模試をといているのに、スコアが上がらないなんて、そんなのいやですよね。

今回は模試を解きっぱにしてしまう人、復習ってどうやってすればいいのか分からないという人向けに、僕がTOE ICの勉強を始めてから、2ヶ月で860点を取った復習方法をご紹介したいと思います。

1. なぜ復習が大切なのか?

TOEICの模試は解くのに2時間もかかる上に、問題数もとても多く、解き終わった後はへろへろになりますよね。

答え合わせをして、満足してしまい、復習は少し確認する程度で、次の模試に移ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

実際点数が出る模試と違い、復習は楽しくないし、時間もかかるので、やりたくない気持ちはよくわかります。

しかし、復習をしないと、せっかくヘトヘトになって、模試を解いてもほぼ無意味なんです。

もちろん試験慣れという意味で、スコアは上がっていくでしょう。

しかし、模試をする目的は分からないところを見つけ、それを無くしていくことです。

TOEICの本番を試合とするならば、模試は練習です。

苦手分野を洗い出し、そこを無くすという試行錯誤をしなければ、スコアの劇的なアップは一生起こらないでしょう。

逆に復習さえしっかりとすれば、絶対にスコアは上がります。

とは言っても、復習をしたことがない方は、まず何から始めればいいか分からないかもしれません。

そこで僕が、2ヶ月で860点を取った際にしていた復習の方法を、リスニングとリーディングに分けて解説したいと思います。 

ぜひ参考にしてください。

2. リスニングの復習方法

まずはスコアが上がりやすいリスニングの復習方法から解説したいと思います。

復習がめんどくさいという方は、極論リスニングだけは絶対復習してください!

リスニングは復習が必須のパートです。 復習しない限り急にリスニングができるようになることは、ほぼないと思います。

ではリスニングの復習で有効な方法はなんなのか。

それはシャドーイングです!

僕はリスニングの復習はこれしかしませんでした。

【シャドーイングとは?】

まずシャドーイングとは何かお話しすると、英語の音声を聞きながら、後に続くように自分も発音していくという方法です。

カエルの歌の合唱のようなイメージです。

なぜこれがメリットが大きいかというと、発音することで聞き取れないところを明確にし、それをなくしていくことができるからです。

シャドーイングは自分も発音するため、聞き取れた気になっているが、本当は聞き取れていないところを明確にしやすいんです。

すなわち、発音できていないところが聞き取れていないところです。

明確になれば、なぜ聞き取れないかを考えます。

英語特有の音の変化するのが苦手なのか? 

知らない単語が多いのか? 

特定の発音が苦手なのか?

そして、それを解決していく。これが重要です。

では具体的にどのように行なっていくのがオススメか?

パート3、4(余裕があれば1、2も)に対して行なっていくのがオススメです。

パート3、4は1分ほどの会話分が読まれ、問題を3題解くというような構成となっています。

これはシャドーイングの教材として長すぎず最適です。

手順は次のようになります。


・まず模試を解きます。

・その後シャドーイングを行います。

・最初はスクリプションを見ずに3回行います。

・その後聞き取れなかった部分を意識しながら、スクリプションを見ながらシャドーイングを3回行います。


パート3とパート4では20個以上の会話文を練習する事ができます。

これが終われば、また次の模試を解き、またシャドーイングをするという流れになります。

模試に関しては2日に一回の目安で行っていくと良いです。

1ヶ月でおよそ15回の模試を解くことができ、シャドーイングとしては1800回も行えます。

ここまでくると発音の勉強と合わさって一気にリスニング力が向上します。

復習に関してはシャドーイングを一つの文に対し、6回ずつ行っていくのでかなり時間がかかります。

目安としては一個の模試に4時間ほどかかるイメージです。

しかし愚直に行っていけば飛躍的なリスニング力の向上を実感できるでしょう。  

一つ注意点としては、スピーカーの話し方をモノマネくらいのレベルで真似するようにします。

集中して聞くことができ、スピーキングも同時に練習できるのでおすすめです。 

こちらの記事も参考にしてください。

3. リーディングの復習方法

リーディングの復習はできるだけ時間をかけないようにします。

理由はリスニングのシャドーイングに多くの時間をかけるためです。

ポイントとしてはパート5、6文法問題の間違いは確実に復習しておくことです。

もう一つ語彙を増やしていくというのが重要です。

単語帳に載っていない単語で分からないものが、長文中にあった場合それらをノートにかき、自分専用の単語帳を作ると有効です。

これをやっていくと、よく出る単語はほとんど網羅でき、単語帳と合わせて、ほぼ分からない単語がなくなります。

自分専用のノートの作り方としては、僕はCampasのノートを使いました。

【オリジナルノートの作り方】

まずページを三等分するように線を引きます。

そして一番右の線で、画像にある折り目のように折り返します。

すると次のようになります。

そして裏のページに日本語の答えを書けば専用の単語帳の完成です。

最後に折り返したところに沿って、表紙を切れば、自分専用の単語帳が出来上がりです。

一見ややこしいですが、実際やってみるとわかると思います。

このようにして、長文に出てきた分からない単語を、どんどん書いていけば、語彙がどんどん増えていきます。

TOEICには語彙が非常に重要です。

気づいた時には、楽に長文が読めるようになっているでしょう。

4. 勉強時間の目安

ではどのように復習の時間をとっていけばいいかです。

おすすめは模試を解いて2日かけて復習をする方法です。

1日の勉強時間としては、リスニング2時間、リーディング1時間の3時間の勉強がいいでしょう

これはシャドーイングにかかる時間が、1回2分とすると、スクリプトなしで3回、スクリプトありで3回で、12分。

1個の模試のパート3、4の会話文の数は、23個(それぞれに設問が3個で69問)ですので、

12×23=276分で約4時間半です。

1日に4時間シャドーイングはかなり大変なので2日に分けて、2時間ずつにするのがベターかと思います。

リーディングは、文法の復習と、分からない単語をまとめるだけなので、2日で2時間にして、シャドーイングに時間をかけるのが良いを思います。

これを1ヶ月で10セットやれば、模試が10回にシャドーイングが、12×23×10で2760回、また単語帳もちゃんと作り、隙間の時間で覚えていけば、長文も飛躍的に向上します。

僕はこの勉強で2ヶ月(単語帳を3週間ほどしていたので実質1ヶ月ちょい)で860点取れました。

プラスアルファで、「出る1000」という文法書、「英語耳」という発音記号の勉強の本、「直前の技術」という模試におけるテクニックをまとめた本もしました。

よければ参考にしてください。

復習の仕方はこれが最高だと考えています! ぜひ試してください

コメント

タイトルとURLをコピーしました