TOEIC600点のレベルとは? 初心者におすすめの教材と勉強法も解説

TOEIC

よく就活で有効だと言われるTOEICの600点はそのくらいのレベルなの?

就活や大学院進学のためにTOEICを勉強しなけらばいけないが

まず何点を目指せばいいのか分からない

どのような勉強をすれば600点超えるのか?

このように感じている方も多いのではないでしょうか?

今回はTOEIC600点がどのくらいのレベルなのかを説明させていただきます。

記事を読んで目指す点数の参考にしていただきたいと思います。

また600点を最短で目指すためにおすすめの勉強法と教材も紹介したいと思います。

1.   センター試験に換算すると9割くらいのイメージ

まず結論から言うと、センター試験の英語で9割超えてたら、600点は超えるイメージです。

受けたことない方は、どの程度の難易度か想像がつかないかもしれませんが、文法的には高校までを完璧にマスターしているなら、特に新しく覚えることはありません。

Ryu
Ryu

大学生の平均が500〜600の間ほどなので600取れれば、まず平均は超えたと自信を持ってください!

2. 600点のコミュニケーションレベル

ではTOEIC600点のコミュニケーション能力はどのくらいなのでしょう?

これにはIIBC(国際ビジネスコミュニケーション協会)が公表している図を参考にしたいと思います。

(参照 https://www.iibc-global.org/library/default/toeic/official_data/lr/pdf/proficiency.pdf)

600点はBとCの間くらいの点数です。

日常会話はでき、特定の分野の会話も少しできるが、やや文法的に誤りが発生することがあるというレベルでしょう。

ただスピーキングの練習をしていないと、なかなか実際のコミュニケーションは大変かもしれません。

英語にはインプットとアウトプットの比が8対2くらいがベストと言われています。

そのため、リスニングやリーディングの勉強に加え、オンライン英会話なども加えていくと、有効でしょう。

Ryu
Ryu

僕はdmm英会話を行っています!

3.   600点は就活で役に立つのか

TOEIC600点は就活で有効です!

まず次のグラフを見ていただきたいです

(参照 TOEIC®Program DATA&ANALYSIC 2020 2019年度受験者数と平均スコア

上図から大学生の平均スコアが574点であることがわかります。

これは個人で受けに行った大学生のスコアのため、大学で集団で受けさせられている生徒のスコアよりも高くなっています。

集団で受けた大学生のスコアは次のようになっています。

(参照 TOEIC®Program DATA&ANALYSIC 2020 2019年度受験者数と平均スコア

こちらは大学生の平均スコアが455点となっています。

これらから考えると大学生の平均スコアは500点前半くらいだと考えられます。

4年生の方がスコアが高くなることを考えても、就活生の平均スコアは600点に及ばないでしょう。

そのためTOEICを受けているということで、まず差別化がはかれますし、平均を超えているとなれば印象がいいでしょう。

(参照 IIBC「上場企業における英語活用実態調査」

また上図から70%ほどの会社が採用の際にTOEICを参考にしていることがわかります。

新入社員に求められるスコアは550〜565点となっています。

よって600点というスコアは充分就活に有効だと考えられます。

4.  600点取るための勉強法

さて、では600点取るためにはどうすればいいか。

まず高校までの文法単語が完璧でセンター試験が9割ほどを超えていたような方でしたら、TOEICの単語帳と、模試をといて試験に慣れるだけで700点は超えると思います。

高校までの文法が不安な方は語彙力、文法力、精読力という3つを完璧にすることをオススメします。

詳しく解説します。

① 語彙力

センター試験は基本的な問題しか出ません。

必要となるのは高校で出る語彙を完全にマスターしている事です。

これは有名な単語帳、例えばシステム英単語などを、一冊完璧にすることで十分です。

単語の覚え方に関しては、次の記事を参照ください。

② 文法力

次に高校で出る文法を完璧に押さえている事が必要です。

これは単に教科書の文法を押さえるだけでも良いですし、有名な文法書を1冊こなせば充分です。

おすすめとしては、有名な参考書をさらっと一周してから、赤シートがついたような文法の問題集を一冊こなせば十分でしょう。

問題集は1ヶ月ほどで三週できると理想です。

③ 精読力

「え、必要なのは精読じゃなくて速読なのではないか」と感じる方もいるかもしれません。

確かにセンター試験や、TOEICにはどうしても速読の技術が必要となってきます。

しかし、速読と言うのは精読をしっかりと究めれば、それに付随して、自ずとついてくるものです。

精読と言うのは速読と対照的な、文章をゆっくりと細かく構文で分解していく行為です。

TOEICにはどうしても速読の技術が必要となってきます。

しかし、ただ早く読むことを目標とし、文章雑に読んでしまうと、どうしても得点が伸び悩む原因になります。

基本は精読を繰り返すことで、構文の分解が高速で行えるようにし、英語をナチュラルな語順で英文を理解できるようになるのが大切です。

そうすると自然と問題を解くスピードが上がっていきます。

精読に関して、詳しくは次の記事を参考にしてください。

ここまで行えばセンター試験ではほぼ満点近くをとることができます。

精読に関して使う教材としては、「入門英文解釈の技術70」という参考書と、「基礎英文解釈の技術100」という参考書がおすすめです。

この後TOEIC専用の単語帳と公式問題集をするのがお勧めです。

試験までに時間がほとんどないという方向け

1.TOEIC TEST英単語出るとこだけ! 得点に直結する最重要630語(TOEIC専用の単語帳)

2. TOEIC L&Rテスト直前の技術  (試験のテクニック)

3. 公式問題集 (テクニックを試す)


この順序で単語帳2週間で3周、「TOEIC L&Rテスト直前の技術」を1週間、模試を2日に1回で、8回分、ほど行えば1ヶ月ちょいで600は超えると思います。

全く文法がわからない場合は薄い文法書を一冊ほどこなした後に上記の勉強をしていただくとよいと思います。

おすすめの教材については詳しく次の記事で解説しているのでよかったらご覧ください

紹介した教材は下に載せておきます。

5.   リスニングとリーディングどちらから勉強するべきか

リスニングから勉強を始めるのがいいのか?

これはリスニングのがスコアが圧倒的に上げやすいからです。

それは次のグラフを見てもわかるでしょう。

(参照 https://www.iibc-global.org/library/default/toeic/official_data/pdf/DAA.pdf)

これはリーディングが問題数が多く文法知識も必要でスコアを上ゲルのが大変なのに対し、リスニングは、テクニックと、発音記号の勉強、シャドーイングを行うことで、割と簡単に、しかも大きくスコアが伸びるパートだからです。

TOEIC全体のスコアを上げるには、リスニングパートのスコアを上げることが必須です!

点数の目安としてはリスニング350、リーディング250で、合計600点がいいのではないでしょうか。

リスニングの勉強法に関しては次の記事を参考にしてください

まとめ

・TOEICの600点は就活にも有効で初心者がまず目標とすべきスコアです。

・まずはリスニングのスコアを上げることを目標として、基礎を固める、あるいは紹介した方法で最短でスコアを獲得しましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました