【2ヶ月で800点超え】した慶應生のTOEIC800点超えるためのオススメ勉強法!   

TOEIC

TOEIC700は超えたけど800点がなかなか超えない

800点は就活で有効と聞くけどどうやって撮ればいいのか?

TOEIC800超えのために有効な参考書や勉強法が知りたい!

このような方も多いのではないでしょうか。?

700点と800点の間に壁を感じてしまいますよね。

今回の記事ではそのような方に向けて、800点超えるためのポイントと、おすすめ教材、勉強時間の目安を紹介させていただきます。

僕のスコアとしては模試を解き始めた時の点数が600点ほど、正答率的にはリスニングもリーディングも65%ほどでした。

そこから2ヶ月の勉強で860点、具体的には1ヶ月で855点、その2週間後の模試で860点を取ることができました。

Ryu
Ryu

正しいやり方で勉強すれば800点を超えることは可能です!

スコアが伸び悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください

1. TOEICで800点を超えるメリット

TOEIC800点超えにはさまざまなメリットがあります。

・就職に有利

大学生で就活をしている方などはTOEIC800点を超えるとかなり好印象です。

600点を超えると就活で有利と聞くことも多いでしょう。

(参照 TOEIC®Program DATA&ANALYSIC 2020 2019年度受験者数と平均スコア

上図ように大学生の平均点は574点となっています。

もちろん600点でもプラスになるでしょうが、800点をとっていれば周りとかなり差別化ができ、非常に有利です。

・昇進、転職などキャリアアップに有利

(参照 IIBC「上場企業における英語活用実態調査」

上図のように多くの企業が昇進、昇格の条件としてTOEICを用いています。

また転職に関しても、次のように多くの企業が採用にTOEICを参考にしています。

(参照 IIBC「上場企業における英語活用実態調査」

要件スコアと、参考スコアを見ても800点を獲得すれば周りと差別化が可能なことがわかります。

・純粋に英語力が上がり海外旅行や、英語のニュースなどを楽しめる

英語力が上がることで海外旅行を楽しめたり、海外のニュースから情報を得ることができるのもメリットです。

理系の大学生などは英語の論文を読む機会も多いので、英語力をつけておくことは重要です。

・800点取るまで勉強を頑張れたことで自信がつく

多くの人がなかなかとれない800点を地道な努力により獲得したことは大きな自信となります。

特に英語はコツコツよ積み重ねていくことで成績が上がっていくものなので、頑張った自分を好きになれるでしょう。

2.  必要な基礎力

800点を取るために必要な基礎力について話させていただきます。

一見遠回りのようですが、しっかりと基礎を身につけてから、模試などを解くことが高得点を取る上では重要です。

まず、センター試験(大学入試共通テスト)で、9割以上から満点がほぼ確実に取れる程度の文法知識の確立が必要となります。

ここには、いわゆる文法をわかっていると言うだけでなく、センター試験の時間内に解ききることができる速読力と語彙力も含まれます。

人にもよると思いますが僕の考えではセンター9割以上程度の英語力が、TOEICに換算すると600から700ほどの点数になるのではと考えられます。

実際僕が最初に模試を解いたときの点数が650点ほどでした。

これは必ずしも本質的な英語力がTOEICの600点から700点の間と言うわけではないので、TOEICの形式に慣れると一気に800点を超えることができます。

逆に言うと基礎ができている人は1から2ヶ月の勉強で、800点を超えることが可能となってきます。

TOEIC600点、700点のレベルならばTOEIC専用単語と、大雑把な文法知識でも達成可能かもしれません。

しかし800以上から900点を目指していくならば、高校の文法知識をマスターしておくことは必須です。

Ryu
Ryu

高校の文法知識や単語がほぼ完璧という方は、ここは読み飛ばしていただいて構いません


さて、ではセンター試験で9割以上取るためには何が必要なのかについて考えて行きましょう。

センター試験で9割以上を釣るために必要なことは大まかに次の三つです。

語彙力、文法力、精読力

逆に言えば、この三つさえ抑えれば、センター試験で9割を超えることは容易いです。

ではそれぞれについて説明していきましょう。

2.1 語彙力


センター試験は基本的な問題しか出ません。

必要となるのは高校で出る語彙を完全にマスターしている事です。

これは有名な単語帳、例えばシステム英単語などを、一冊完璧にすることで十分です。

単語の覚え方に関しては、次の記事を参照ください

2.2 文法力


次に高校で出る文法を完璧に押さえている事が必要です。

これは単に教科書の文法を押さえるだけでも良いですし、有名な文法書を1冊こなせば充分です。

おすすめとしては、有名な参考書をさらっと一周してから、赤シートがついたような文法の問題集を一冊こなせば十分でしょう。

問題集は1ヶ月ほどで三週できると理想です。

2.3 精読力


「え、必要なのは精読じゃなくて速読なのではないか」と感じる方もいるかもしれません。

確かにセンター試験や、TOEICにはどうしても速読の技術が必要となってきます。

しかし、速読と言うのは精読をしっかりと究めれば、それに付随して、自ずとついてくるものです。

精読と言うのは速読と対照的な、文章をゆっくりと細かく構文で分解していく行為です。

TOEICにはどうしても速読の技術が必要となってきます。

しかし、ただ早く読むことを目標とし、文章雑に読んでしまうと、どうしても得点が伸び悩む原因になります。

基本は精読を繰り返すことで、構文の分解が高速で行えるようにし、英語をナチュラルな語順で英文を理解できるようになるのが大切です。

そうすると自然と問題を解くスピードが上がっていきます。

精読に関して、詳しくは次の記事を参考にしてください。

ここまで行えばセンター試験ではほぼ満点近くをとることができます。

精読に関して使う教材としては、「入門英文解釈の技術70」という参考書と、「基礎英文解釈の技術100」という参考書がおすすめです。

これらを行えばセンター試験で9割を取る実力が身についた状態となります。

Ryu
Ryu

さてではここまでで前提となる基礎力は完璧となりました。

ここからT O E I Cの勉強へと移っていきます。

3. TOEIC専用単語のマスター

先程までの章で高校の単語はほぼ完璧となっていることでしょう。

ただTOEICには特有の単語というものが存在します。いわゆるビジネス単語などです。

そこでTOEIC専用の単語帳をはじめに二週間ほどで暗記してしまいます。

単語帳としては「金フレ」などが有名です。僕の場合は、「TOEICテスト英単語出るとこだけ!」というものを使いました。

こちらは630語と「金フレ」に比べて少ないので、単語に時間がかかりすぎて模試を解く時間が少なくなってしまうという状況をなくす事ができます。

単語帳の目安としては、二週間で5周ほどできるといいと思います。あとはテスト本番まで復習しつつ模試を解いていく感じになります。

単語の覚え方に関しては先ほど紹介した記事を参考にしてください。

4. 800点超えるのに重要なのはリスニング力アップと速読力!

さて800点を超えるポイントとして、リスニング力のアップと、速読力の向上が必要です。

具体的に説明していきます。

4.1 リスニング力の向上

まずリスニング力の向上が必須です。

これは、リスニングがリーディングに比べて圧倒的に点が取りやすいからです。

これは次のグラフを見ても分かるかもしれません。

参照(https://www.iibc-global.org/library/default/toeic/official_data/pdf/DAA.pdf)

このグラフでは、濃い青がリスニング、薄い青がリーディングとなっていますので、リスニングの方が30%も平均スコアが高くなっています。

TOEICのリーディングは問題数がかなり多く解き終わらない人も多いです。

対してリスニングは、慣れさえすればかなり高得点を狙えます。

リスニング力アップには先読み、発音記号の勉強、シャドーイングなどが有効です。

以下の記事を参照ください

Ryu
Ryu

800点の内訳としてはリスニング420、リーディング380くらいがおすすめです!

4.2 速読力の向上

もう一つ点数が800を超えない人は、リーディングパートが全て解き終わっていないことが多いです。

問題を全て解き終わらないことは思った以上のデメリットがあります。

それは後半の問題が意外と簡単なことがあるからです。

全て解いたことのない人、後半の問題の方が難しい長文になると考える人もいるのではないでしょうか?

昔のTOEICはそのような傾向がありましたが、今は難易度が、基本的に前半後半に関わらず、均等に配置されています。

ということは前半に難しい問題が配置され、後半に簡単な問題が配置される可能性もあるということです。

実際最後まで解いてみると分かるのですが。後半は、文が3つの問題となっているため、一見難しそうになっていますが、意外と情報を探すだけで答えが見つかるような、解きやすい問題が出たりします。

すると、解き終わらない人は、前半難しいところで時間を使いすぎ、後半の簡単な問題が解けない可能性があるのです。

そうすると、実力以上にスコアに差が現れることになってしまいます。

そのためリーディングスピードを上げることは、スコアを上げるうえで非常に重要なのです。

では、全て解き終わるにはどうすればいいか? 

これには二つのアプローチがあります。

精読と多読によって根本的な読解速度を上げる

先ほどお話しした精読に多読を加えます。

多読というのは、英語の文章を大量に読む行為です。

具体的には洋書や英語のニュースなどを読むことが多いです。

読解速度というのは読む量に比例して上がっていきます。つまり読めば読むほど早くなっていきます。

これは日本語でも本を多く読む人ほど、普段読まない人よりも早く読めそうなのと一緒ですね。

次のグラフは英語圏の学生が、年齢が上がるほど読解速度が上がっていく様子を示しています。

  • Third-grade students = 150 words per minute (wpm)
  • Eight grade students = 250
  • Average college student = 450
  • Average “high level exec” = 575
  • Average college professor = 675
  • Speed readers = 1,500
  • World speed reading champion = 4,700
  • Average adult: 300 wpm

(参照https://www.forbes.com/)

多読を行うことで、根本的な英語の読解速度を上げていくことができます。

ただデメリットとして多読には即効性がありません。じわじわと英語力が伸びていくイメージです。                        

しかし効果として、僕の経験ですが、全く返り読みはしなくなりますし、読解速度の向上、また英語の理解速度が上がるため、リスニングにも大きな効果を及ぼします。

また、慣れるととても楽しく英語力をあげていくことができます。

おすすめは、ハリーポッターなど、シリーズもので自分の好きなものを読むことです。

一巻だけ読破できれば、どんどん読み進めていくことができます。

パート5の文法問題を早く解く

パート5は、問題数が多く、文法問題で、また頻出する形式も決まっているため、テクニックを身につけることで、大幅に時間短縮と、スコアアップができます。

また、ここの時間短縮により長文を解く時間が増えれば、必然的に簡単な長文を解く時間も増えスコアを大きく上げることができます。

具体的な勉強法としては次のようになります。


・「出る1000」という文法書で、文法の頻出問題を完璧にし、瞬殺できるようにしておくことで、時間短縮+スコアの向上を図ります。

・その後TOEIC L&Rテスト直前の技術」という教材で、TOEICの試験を早く解くテクニックをマスターします。


これによりパート5の大幅な時間短縮が可能となり、長文の解く問題数を増やすことができるようになります。

速読とパート5の解き方に関しては次の記事も参考にしてください

5. 具体的な勉強スケジュール

では具体的な勉強スケジュールについて解説したいと思います。

今回はすでに高校までの文法が完璧となった前提からの勉強プランについて話します。

これは僕自身の実際の勉強時間なので参考になるかと思います。

まず僕の勉強を始めた際の状況は


・2ヶ月で800点から900点の間を取ることを目指す

模試が600点ほどで高校文法単語はほぼマスター、ただ所々忘れているところあり


というような感じです。

そこで、プランとしては


① 2週間でTOEICの単語帳を5週

② 単語帳が終われば、二日に一回模試を解く、

③ 復習としてシャドーイングを、スクリプション見ずに3回、スクリプションみて3回

④ 発音記号は最初の二週間で覚えてしまう。


というような計画を立てました。

で実際は


① 3週間で単語帳を3周

② 40日ほどで、模試を全部で12回分行いました。

Ryu
Ryu

単語帳は一日2時間ぐらいで3週間で3周できました。 

模試は解くのに2時間、復習に2日で、

勉強時間的には一日、4時間ほどしていました。

③ 1週間前くらいから「TOEIC直前に技術」という書籍で、テクニックを入れて本番で860点って感じです。


なので目安として、4時間✖️2ヶ月(60日)=240時間ほどで800点は超えると思います。

ただこれは前提として高校レベルの文法と単語は完璧としているので、そこが不安なかたは、勉強し直すことをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました